初めての1番【シド・ベストアルバム】

音源としては全部持ってるのでどうしようかな、とは思ったんだけど、DVDもあるしブックレットも欲しいし、なにより頑張ってるシドを応援したくて結局購入。
音は改めて録音したものではなく、過去にリリースされたものを集めたもの。
改めて録音すればどこかが何か違ってくるわけだし、実際リリース当時に聴いてたまんまで聴いたほうが思い出も正確に蘇るみたいなとこがあるから、それはそれで良かったんだろうと思う。

私がシドを聴くようになったのは2~3年前、『鋼の錬金術師』のOPの『レイン』を聴いてから。
曲そのものがハガレンにマッチしてたのもなんだけど、マオくんの声が私にとってとてもすんなりカラダに入ってきたから、って感じ。
昔からマッチさんとかKAT-TUNとか聴いて、好きなんだけど、自分の感覚にすうっと沿っていくような波長は多分初めてだった。

ひとつのバンドの沢山の曲の中で、これとこれは好きだけどこれはどうも、っていうことも当然あるはずなんだけど、シドの曲は結構守備範囲が広い割にどれもがすぐに覚えられてほとんど全部を受け入れられた。

ハードロックな曲もあればNSP? さだまさし???なんて思えるような昭和フォークっぽいものもあったり。

今回のベストはよくあるシングルを集めたものではなく、メンバーがこれをシドのベストに入れたい、って選んだもので、とてもすんなり4人が納得して選べたんだそうです。

売るために集められたメンバーであるはずなのに、そういった感覚(これも感覚なんだろうな)が「合う」んだろうな、だから10年仲良くやってこられたんだろうな、って思う。
たとえばチェッカーズやCCBみたいに仲良しの友達同士がバンド組んで仲違いしちゃうパターンもあれば、シドやジャニーズのように事務所が集めたメンバーなのにうまくやっているってのもあるわけなのはまさに「ご縁」とでも言いましょうか。

だいたい人間を見る目があったんだろうね、事務所。
さすが。

このアルバムが売れているのは、今までアニメソングや映画の主題歌でちらっと聴いた「シド」というバンドに興味ありつつCD買うまでもないかな、って思ってた人たちが、ベストアルバムなら聴いてみてシドを知るのもいいな、って思ったからじゃないかな。
だったらホントにこのアルバムはシドを知ってもらうにはいい曲ばかりが集まっていると思います。
インディーズ時代の曲と今とではかなり違うので、昔の方が良かったっていうファンの方も多いだろうけど、私のようにここ数年のファンだったらどの曲もいいなって思えます。

ちょっと数えてみるとマオくんも多分30歳は越えてる。
矢沢永吉や長渕剛やC&Aみたいな貫禄がでるまでずっと頑張って欲しい。

願わくはメンバー全員が禁煙できますように。


シドのベストアルバムを買おうかどうしようか迷って、結局買いました。
DVDは過去のライブ映像もあり、喪服時代やぽっちゃり顔のマオくんも見られてなかなか面白いです。
まあ今のマオくんが一番いいんだけど。

今週のアルバム売り上げがオリコン1位になったんだそうで、とても感激してました。
いや、初めての1位って知らなかったので、そうか、頑張ってきたんだなあ、よかったねえ、っていう老婆心。

そんな感謝の気持ちをマオくんがブログにうpしてたので良かったら読んでやってください。

「必ず読んで欲しい記事です」





「ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン」

なんて歌詞の歌もあって、マオくんも1番になろうとこだわっていたわけでもないんだろう。
でも意識してなくて手に入れて、素直に周りの人のお陰、って思えるのは素晴らしいことだと思う。

そうだな、一番を手にすることももちろん大事なこと。
その時にどう感じるのかももっと大事なことなんだな。

おめでとうシド。

これからも頑張って。


IMG_1411.jpg

そうそう。
お正月にいつも1日もらうお休みでカラオケに行ってきました。
シドの新曲「V・I・P」を歌って

「堂々たる歌いっぷり」

って評価されましたよヾ(^▽^*おわはははっ!

アラフィフのおばさんがたいしたもんでしょ。
音程は怪しいらしいけどね!

*ひばな*

気楽に書き込みしてください拍手する←応援ありがとうございます

応援クリックよろしくお願いしますランキング1




[ 2013/01/24 15:32 ] レビュー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ご訪問者数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード