FC2ブログ
07≪ 2020/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-02-06 (Fri)
観月苑

名古屋交流会で出会って結婚した名古屋からのお嫁さんの集まり「なごやか会」の年に1度の懇親会に行って来ました。
会長職させてもらってるので、今回は私の独断と偏見で、 十勝川温泉のホテルで一番お気に入りのココ。
何年か前にもここで開催されてるんですけどね。

御膳 なべ

お料理のお膳と鍋。
これに白飯とゆずのお吸い物、茶碗蒸しに揚げ物、デザートがついてました。
鍋はぼたん鍋???

橋の上から

これは十勝川温泉から札内に向かう橋の上からホテルを撮ったもの。
白鳥の餌付けしてるんですね。
露天風呂から白鳥と橋が見えていい景色なんです。

白鳥さん

トリミングしてみました。
カモもいたんだ~♪
白鳥の雛かと思ってました。

=============================================

今回の懇親会はいつものおしゃべりだけじゃなくて、名古屋交流会がこの先開催されなくなるかもしれないってことで、 それについての意見と、もしなくなった場合のそれに代わる花嫁対策についての
意見を聞くって事で、たった13人の参加者が実にいろんな意見を 出し合って対策を練りました。

なぜしなくなるかと言うと、参加者がいないんですって。
女性が集まらないんなら分かるけど、男性の方が集まらない。

「お見合いに行くの?近くで自分で見つけられないから名古屋くんだりまで集団お見合いに行くんだね」
っていういい方をされたことがあるというご主人もいました。
本当に結婚したいのかどうかがわからない、 交流会でも男性の方が壁のシミになってるっていう話。

男性からの需要がないというなら、意味ないし、十勝19市町村が公平にお金を出し合っているのに、
男性を行かせている市町村は数か所で、公平にお金を出し合うのは不公平になるって不満があるそうです。

だったら男性をいっぱい参加させりゃいいじゃんとも思うんですが、やはり男性の積極性がないのが一番のネックになっているようです。

あれこれ対策はあるものの、コストの問題とか、女性に魅力的に見せるための方法とか議論を重ねていて、予定の時間はオーバーするわ、お風呂には入れないわで、お話しは面白かったんですが、楽しくはなかったよ~(T_T)

お嫁さん探しに一生懸命になれない男性は、農業もちゃんと出来てないと思うんです。
認めたくはないですが、嫁ってのは重要な働き手であり、男を支えるために、なくてはならない存在なんですよね。
お嫁さんがいない家は確実に廃れるのです。
だからどんな手段を使ってもお嫁さんは獲得しないといけないのに、自分で見つけもせず、与えられたチャンスを生かそうともしないんだったら、仕事も十分果たせていないと思うんですよね。
結婚願望以前に真面目に仕事してんのかって言いたくなります。

うちの父ちゃんの場合、役場の結婚相談所から「この娘はどうだ」とドンドン話を持って来られるけど、他人や親にあてがわれるというのが嫌で、自分で選びたかったんだそうです。
自分で選べるんだったら、名古屋だろうと大阪だろうと中国だろうと関係はなかったみたいで、交流会の話を持って来られた時には迷わず「行く!」って言ったらしいです。

31歳だったんですが、「嫁をもらえ!」って周囲からかなり追いつめられて、凄いストレスだったんだって。
でも遊びに行かせてくれるわけでもなく、女性との出会いもないのにそりゃないだろうと思いますけどね。
親なんかは身体が丈夫でよく働けば息子が気に入るかどうかなんかはどうでもいいわけです。

まあね、一応ちゃんと恋愛してだね、相手を好きにならんとこの仕事はできんですわ。
辛くてもこの人の為に頑張ろうと思えないとね。

・・・あたしですか!?

まあね~父ちゃんは酪農家として一流だし、誰よりも働き者だと思うから、これだけの男はなかなかいないと思っていますのよ。
50人以上いた女性の中から選んでくれたんだから、お仕えしなくちゃいかんかなと思っておるわけです。はい。
| 雑記 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する