絵本色々その2

末っ子ちゃんの歯科受診の時に図書館で絵本読書。

子供コーナーでも大人向けの絵本多いんですね。

ちょっと考えてみるとかなりグロい。

おとぎ話にしてもひよこが狼やライオンを飲み込むとか吐き出すとかあたま山っぽい描写がなんとなく気持ち悪かった。
小さくて弱い者をいじめたら全然小さくも弱くもなかった。
小さくて弱くても頑張ればやれるっていうお話なのか、はたまた見た目に騙されて油断するなという教訓なのか。

子供なら前者と捉えるだろうけど、大人は後者と考えるんだろうな。


絵柄は子供向けではない感じ、お洒落な書棚に飾りたい。
ストーリーはひねりもなにもないけど、力ずくでない解決が得られてほっとする。
善人があくまでも善人で、周囲も悪い人がいないところがいい。
悪役もさほどでもなかったしね。


3人兄弟っていうといつも末っ子が得をするんですね、実社会でも末っ子が優位にたっちゃうのはどうなのよ、この場合一番努力しているのは次男なんじゃないかと思うんだけどねえ?
大道すぎるストーリーだしそれほど面白くもなかったかな。


いよいよ子供に本当のことを教えるのかと思いきや、ありとあらゆる子供のつくり方を呈してくる親、かと思えば子供の方は全て知っているのをあからさますぎずに表現してくる。

そっか、こうやれば照れずに教育できるのかもな?

本当のことを言えないんだったら何故わざわざ「いよいよ教える」みたいに言ってくるんだよと小一時間www


今回は購入したいと思うほどのものはなく残念。

[ 2016/03/10 23:49 ] レビュー | TB(-) | CM(0)

絵本色々

長女さんが図書館で借りてきて読ませてくれました。
図書館で読んで泣いちゃったらしいです。

見たことある画風だなと思ったらエリック・カールと言えば『はらぺこあおむし』の人だよね!
ほのぼのとした気持ちにさせてくれる絵本です。
長い命の寂しい山が短い命のことりによって長い年月をかけて徐々に柔らかい豊かな山に生まれ変わっていくのがほんわかした気持ちにさせてくれた。
一緒に読んだ「片足ダチョウのエルフ」みたいに最後に悲しくなっちゃうと自然ってつらいと思うから、大きなトラブルもなく愛情を育んでいけた山も代々のことりも幸せでしたね。


昔から知っていたけど読む機会を逸していた本。
小学生の時に課題図書になっていた記憶もあるけど、一度も課題図書で読書感想文を書いたことがなかったから。
ヒーローが活躍するのは良いがみんなを守ろうとした結果で大きな怪我をし、さらにその守った者たちから忘れられたり、辛いばかりの物語。
最後も報われたんだか違うんだか、いいのかこれで、っていう思いが残った。
『スーホの白い馬』みたいに泣けた。


長女が物を大事にしない妹に読ませたいと借りてきたのだが、読んだ当人はあまり意図には沿っていない様子だった。
物を粗末にした者が罰せられるのではなく、物を大事にしたものが楽しい思いをするということなので、この子にとっては「まあそうならそうでもいいしそうじゃなくても別にいい」みたいなことだったのか・

反抗期真っ盛りには効かなかったようだ。

私個人的にはおじいちゃんじゃなくておばあちゃんの方が良かったかな。
おじいちゃんという存在があまり…アレなんで( ;´Д`)


私も子供の頃大事にしていた人形があって毎晩一緒に寝ていた。トイストーリーやピーターパンなんかもうそうだけど、おもちゃに心が宿るというのは子供なら誰しもが持つ気持ちかもと思う。
というか、そう思っていれば大事にするんだけどな。
そう思えないのは優しくないのかな。
ビロードうさぎのぼうやもうさぎを失くした時に悲しんだろうにその描写があったら良かったかな。
森で出会ったよく似たうさぎがあのビロードうさぎだとは思ってないだろうけど、思い出してくれてよかったなと思う。


国語の教科書に取り上げて欲しい物語ばかりでした。
長女さんGJです♪( ´▽`)
[ 2016/02/15 01:08 ] レビュー | TB(-) | CM(0)

天上の虹23巻【完結】

30年ですか・・・感慨深いものがあります。
里中先生が講演にみえて一緒に写真を撮っていただいたのは10年近く前になります。

1巻は讃良が産まれたシーンから始まり、最終巻はほんとに讃良が死んで終わったんですね・・・
讃良の人生にも感銘を受けるし、氷高が成長してからこのふたりの会話が考えさせられることが多くていちいちなるほどなあ、と思って読みました。

女は強くあるべきなのか、讃良以外の人物、特に女性陣のひとりひとりの生き方に色々な思いがありました。

私の人生なんかつまらないものだなあ、って思っちゃうけど、平凡でありがたかったのかもとも言えますねえ。


初めの1~3巻はなんとがんセンターの寮の階段下の物置から拾ってきたのです(^_^;)
あそこに捨てたものって誰が片付けていたんだろうそういえば。
雑誌や新聞が捨てられている中から欲しかったらもらって行っていいよと言われていたので拾って行って30年ハマったんですね。
捨てた人はその後読んだんだろうか?

持統天皇が産まれたシーンから中大兄皇子との関わり、蘇我氏の陰謀で初恋の人と死別、父親の権力固めのための政略結婚、夫の皇位継承と壬申の乱。
持統天皇物語ではありけど、周囲の人の人生も実に波乱万丈、現代なんてこんなに政治で命が危険に晒されることもないし平和なんだろうな、なんだかんだあっても。

23巻って数的には少ないんだけど、絶対そんじょそこらの漫画なんかより100倍は内容が深いものだと思う。
里中先生自身もお年を召したし、途中大病も患ったり心配もありましたが、完結してほっとしています。
また最初からじっくり読み直して泣こうかな~


[ 2015/03/17 21:33 ] レビュー | TB(-) | CM(0)

初めての1番【シド・ベストアルバム】

音源としては全部持ってるのでどうしようかな、とは思ったんだけど、DVDもあるしブックレットも欲しいし、なにより頑張ってるシドを応援したくて結局購入。
音は改めて録音したものではなく、過去にリリースされたものを集めたもの。
改めて録音すればどこかが何か違ってくるわけだし、実際リリース当時に聴いてたまんまで聴いたほうが思い出も正確に蘇るみたいなとこがあるから、それはそれで良かったんだろうと思う。

私がシドを聴くようになったのは2~3年前、『鋼の錬金術師』のOPの『レイン』を聴いてから。
曲そのものがハガレンにマッチしてたのもなんだけど、マオくんの声が私にとってとてもすんなりカラダに入ってきたから、って感じ。
昔からマッチさんとかKAT-TUNとか聴いて、好きなんだけど、自分の感覚にすうっと沿っていくような波長は多分初めてだった。

ひとつのバンドの沢山の曲の中で、これとこれは好きだけどこれはどうも、っていうことも当然あるはずなんだけど、シドの曲は結構守備範囲が広い割にどれもがすぐに覚えられてほとんど全部を受け入れられた。

ハードロックな曲もあればNSP? さだまさし???なんて思えるような昭和フォークっぽいものもあったり。

今回のベストはよくあるシングルを集めたものではなく、メンバーがこれをシドのベストに入れたい、って選んだもので、とてもすんなり4人が納得して選べたんだそうです。

売るために集められたメンバーであるはずなのに、そういった感覚(これも感覚なんだろうな)が「合う」んだろうな、だから10年仲良くやってこられたんだろうな、って思う。
たとえばチェッカーズやCCBみたいに仲良しの友達同士がバンド組んで仲違いしちゃうパターンもあれば、シドやジャニーズのように事務所が集めたメンバーなのにうまくやっているってのもあるわけなのはまさに「ご縁」とでも言いましょうか。

だいたい人間を見る目があったんだろうね、事務所。
さすが。

このアルバムが売れているのは、今までアニメソングや映画の主題歌でちらっと聴いた「シド」というバンドに興味ありつつCD買うまでもないかな、って思ってた人たちが、ベストアルバムなら聴いてみてシドを知るのもいいな、って思ったからじゃないかな。
だったらホントにこのアルバムはシドを知ってもらうにはいい曲ばかりが集まっていると思います。
インディーズ時代の曲と今とではかなり違うので、昔の方が良かったっていうファンの方も多いだろうけど、私のようにここ数年のファンだったらどの曲もいいなって思えます。

ちょっと数えてみるとマオくんも多分30歳は越えてる。
矢沢永吉や長渕剛やC&Aみたいな貫禄がでるまでずっと頑張って欲しい。

願わくはメンバー全員が禁煙できますように。


シドのベストアルバムを買おうかどうしようか迷って、結局買いました。
DVDは過去のライブ映像もあり、喪服時代やぽっちゃり顔のマオくんも見られてなかなか面白いです。
まあ今のマオくんが一番いいんだけど。

今週のアルバム売り上げがオリコン1位になったんだそうで、とても感激してました。
いや、初めての1位って知らなかったので、そうか、頑張ってきたんだなあ、よかったねえ、っていう老婆心。

そんな感謝の気持ちをマオくんがブログにうpしてたので良かったら読んでやってください。

「必ず読んで欲しい記事です」





「ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワン」

なんて歌詞の歌もあって、マオくんも1番になろうとこだわっていたわけでもないんだろう。
でも意識してなくて手に入れて、素直に周りの人のお陰、って思えるのは素晴らしいことだと思う。

そうだな、一番を手にすることももちろん大事なこと。
その時にどう感じるのかももっと大事なことなんだな。

おめでとうシド。

これからも頑張って。


IMG_1411.jpg

そうそう。
お正月にいつも1日もらうお休みでカラオケに行ってきました。
シドの新曲「V・I・P」を歌って

「堂々たる歌いっぷり」

って評価されましたよヾ(^▽^*おわはははっ!

アラフィフのおばさんがたいしたもんでしょ。
音程は怪しいらしいけどね!

*ひばな*

気楽に書き込みしてください拍手する←応援ありがとうございます

応援クリックよろしくお願いしますランキング1




[ 2013/01/24 15:32 ] レビュー | TB(-) | CM(0)

金婚式のお祝い

両方の両親が金婚式なのと、家族中どいつもこいつも(?)個性的な顔立ちで、常日頃から似顔絵描きたい顔だよな~って思っていたので、お金をかけたお祝いが出来ない代わりにいっちょやってやろうかと目論んでいるところ。

できればデジタル処理の方法が解説されていると助かったんだけど、それはそれぞれのソフトの解説書を読むしかないかな。
そっちの方が大変かなと思う。

手描きだけだと大きな作品にならないからなあ・・・?
[ 2012/07/09 14:54 ] レビュー | TB(-) | CM(0)
FC2カウンター
ご訪問者数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード