テンチャン

20170308003.jpg

去年の8月に一番おばあちゃんだった牛が死んで繰り上がり1番の地位にいたテンチャンが死にました。
生まれた平成14年の夏に1週間に10頭産まれた最後の1頭で、510番だからテンチャン。
(10頭のうち雄が1頭しかいなかたというね)

妊娠しにくいことがあって13歳で9産くらいかな。
それも乳量が多くて働き者だからですね。
年の割に足腰丈夫だったのが頼りだったのに、今回爪を痛めて立ったり座ったりに変に負担がかかって股関節を脱臼してしまいました。

若いころ一度蹴られた覚えがあるけど年取ってからは穏やかで可愛い牛でした。
名前が定着したので呼べば来るしね。

長い間ご苦労様でした。
ありがとうね。。。


[ 2017/03/09 22:04 ] 牧場日記 | TB(-) | CM(0)

奇跡の子




その後やっぱり腸が弱いのか不消化の便を出すので消化剤や下痢止めや栄養剤を牛乳に混ぜながら、湯たんぽいれたりしながら様子見ています。
抗生物質も毎日注射しておへそにヨーチンつけたり。




2/4から飲みっぷりが良くなったので、徐々に飲みたいだけに量を増やしてみてるけど、そっちは慎重にしたほうがいいかな。
獣医さんの仰るにはこんな状態で生き延びた子は稀だと。
おへその感染とか腸の癒着とかまだまだ油断はならないと。


母牛が大柄で丈夫で可愛くて稼ぐ子で、今回3回目のお産で初めての女の子。
期待の子なんです。

お願い神様。
元気に育ってください・・・
[ 2017/02/01 23:24 ] 牧場日記 | TB(-) | CM(0)

牛床マット



夏前に、補助金が出ることになったというので牛の寝床にマットを敷くのを申し込んでいたのに一向に話が来ないのをしびれを切らして問い合わせたら、夏の台風で断水になっているから水を運ぶので手一杯で親方が牛をずらすのを手伝えないだろうからと思って言わないでいたとか。

断水は小林川から取水している上水道だけだし、こちら十勝川の東の農村部は地下水や湧水使ってるから大丈夫だったし、街の方だって1ヶ月くらいで復旧したんだけど?
その程度の情報入ってないっておかしくない?って思うので、多分単に忘れてただけなんじゃないかと。
変な言い訳しないほうがいいよ怒らないからさ。

牛が足を滑らせて痛めて立てなくなって廃用になってしまうことが年に数頭もいて、中には働き盛りの若牛や、長いこと頑張ってきてくれたおばあちゃん牛も。
コンクリート打ちっぱなしに麦わらを敷いているんだけど、滑り止めマットを敷けばいいんじゃないかという話で。
本当に効果があればいいんだけど・・・


今産休に入ってる牛が多くてちょうどいいので、親方とお兄ちゃん3人来て2日かかる予定のところ1日でやってってくれました。
ひとりのお兄ちゃんが牛をなでなでしていたので、
「兄ちゃん牛好きだったらうちに婿に来てよ(*´∀`*)」
って言ったら強面かと思ってたのにとっても可愛い顔でニコニコしてくれた。

彼女や奥さんがいなかったらいいのにね?

[ 2016/12/06 22:58 ] 牧場日記 | TB(-) | CM(0)

双子ちゃん産まれました




2年ぶり、の生きた双子ちゃんでました。
つい数ヶ月前2番目におばあちゃんの牛が三つ子を流産して以来。
そしてその前の双子は記憶によれば今回双子を産んだ当の母牛、





双子の姉でした♪( ´▽`)

牛の双子というのはオスとメスで産まれるとメスのほうが生殖能力がなく生まれてしまうのでホルスタインの場合とても悲しいことになります。
そもそも双子ってのは二卵性の場合異性で生まれる確率は二分の一ですからそうなる確率は高いです。
牛の場合人間と違って妊娠中に超音波検査なんてしないので、生まれてみて初めて双子だの三つ子だのとわかるのでそれはもう大騒ぎになる場合があります。
たいていが1頭で生まれるよりは小さいので下痢しやすかったり誤嚥性肺炎なんかも起こしやすく育てるのが大変です。

この2年前の双子ちゃんはメスメスで割と大きかったので哺乳量を減らして回数増やすくらいで下痢もせず元気に育ちました。

問題のオスメスの双子、私はどうしても生殖能力の喪失というのが理論的に納得できておらず、ググってみてもそういう事例が多いからとしか言えてないような理論ばかりで。

ウィキペディアのフリーマーチンのページでも発生確率がめちゃくちゃになってるし。
ホルスタインに限定されるようなことも。
この書き方だと胎盤が別であれば大丈夫ってことになるけど、二卵性の場合胎盤が別のことは結構あるし血液キメラの起こる理由がわからない。
一卵性双生児が異性で生まれた場合の女性は性染色体がXOになっており(本来XY,XYの男性の双子の片方のY染色体の欠如によって見た目が女性になるXOという状態になるターナー症候群)生殖能力がないというのなら納得はできる。
二卵性であれば、って思うので獣医さんにも質問したんだけどどう聞いても納得できないんだよねえ(--〆)

だって実際にフリーマーチン諦めきれずに育ててみたらちゃんと妊娠して産んで搾乳もしたっていう話は何度か聞くんです。

数年前にホルスタインのメスとF1のオスの双子があって(旦那がホルスタインと和牛の精液を両方つけてしまうから、たまたま卵子がふたつ出ていた場合にこういうことが結構起こる。せっかくホルスタインのメスが生まれたのに、いらんことしたためにダメになってしまう)どうしても諦めきれず獣医さんに診察してもらったら、子宮ができていないと言われ。

二卵性どころかパパまで違うオスのせいで、って腹が立って仕方なかったですよ。

で、今回は、、、

オスとメスです。。。

まあ、どっちみちF1なんで・・・
[ 2016/10/12 22:50 ] 牧場日記 | TB(-) | CM(0)

だいじなふたり

IMG_1574.jpg

私の一番大事な猫チャモが死にました。
台風の朝から呼んでも帰ってこなくて心配していたら、3日目の朝ばあちゃんが見つけて来てくれました。

どうやら車にはねられて道路脇に落とされて見つけるのが遅れました。
そういえば22日の深夜に猛スピードで走ってきた車が急ブレーキかけるのが聞こえた。
チャモは俊敏な猫なのでよほど不注意なドライバーが猛スピードでなければ撥ねられたりしません。

いつもなら猫をはねて気落ちされるだろうとドライバーに申し訳ないと思うけど、チャモの場合はドライバーを恨みます。
夜中の田舎だからいくらでもスピード出していいと思わないでください。

農家では猫はただのペットじゃないんです。
チャモがいなくなったらマジでネズミ対策どうしたらいいのだと思いますよ。

もうすぐ9歳だったのに。
私の一番猫だったのに。

チャモを殺したひと、いつかきっと大きな事故起こしますよ。

IMG_2902.jpg

14歳のうちで一番おばあちゃん牛も死にました。
9回目のお産を半月後に控えた8月下旬、腰が抜けて立てなくなって30日に小さい雌の仔牛を産みました。
そして色々治療をしたけど立てなくて。
お別れの朝は牧草を刈ってきてあげました。
モクモクとあっという間に食べちゃった。

若い頃はとんでもない暴れ牛で、搾乳の時にいい子いい子となでて落ち着くようにしてやっと搾っていました。
年と共に落ち着いてきたけど一度乳頭を踏んづけて3本乳に。
それでもスーパーカウの称号を貰い、年間乳量1万トン超えの賞状も貰いました。

長い間ご苦労様でした。
思い出をいっぱいありがとう。チャモとチビフク。
大好きだったよ・
[ 2016/09/08 23:03 ] 牧場日記 | TB(-) | CM(0)
FC2カウンター
ご訪問者数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
ブログ内検索
QRコード
QRコード